ランチェスターとは?
このデータをご存知ですか?

起業して1年後に約30%の会社が消滅し、10年後の生存確率は約25%。
会社の業績の98%は社長ひとりの戦略実力で決まる。


起業後間もない小さな会社でも儲かっている会社があります。
一方30%の会社は消滅します。
この違いはどこから生まれてくるのでしょう。

それは社長の戦略実力の違いです。
つまり、従業員が30人までの会社の業績の98%は社長一人の戦略実力で決まってしまうのです。
では社長の戦略実力を高めるにはどうすればよいのでしょうか?

はじめに
私は小学生のとき学校で凧を作り、凧上げをしたことがあります。誰よりも大きな凧を作りましたが、その凧は全く上がりませんでした。

手作りのグライダーや折り紙で紙飛行機を作った経験は誰にでもあると思います。しかし、それらはあまり遠くには飛びません。それに比べて模型屋さんで買ったグライダーやおもちゃ屋さんの飛行機は驚くほどよく飛びます。なぜそんなに違うのでしょう。

それは航空力学の研究の違いです。手作りのものは見よう見まねで作っています。それに比べて模型屋さんやおもちゃ屋さんで売っているものは、航空力学の基本を押さえて設計されているのです。原理原則をきちんと研究し、基本を守ることはとても大切なことなのです。

私たち中小企業の経営にも原理原則があります。しかしその原理原則を分かりやすく、体系的に学習する場がないのです。中小企業の経営原則を正しく理解し、研究し、実行していくことが、社長の戦略実力を高める唯一の方法なのです。

経営の全体像をはっきりさせる
「経営の本質はなんですか?」と問われると、あなたはどのように答えますか。

売上を上げるとか利益を出すとか色々と浮かんで来ると思いますが、経営の本質は経営の源となる顧客を作り出し、次にその顧客を維持しながら、顧客の数を多くすることにあります。つまり経営の本質とはお客様作りになります。

独立開業した多くの経営者が志半ばで廃業する理由、それはお客様作りに失敗するのです。 多くの経営者は自分の得意な商品分野で開業します。ですから商品に関してはそれなりの実力があるのです。

しかし、経営で最も大切でウエイトが高いのはお客様作りです。営業関連の戦略知識、戦略実力がなければ経営が成り立っていかないのです。資金、経験、人脈が乏しい独立開業時は特に経営戦略の研究が必要です。

第2次世界大戦でアメリカ軍は日本軍との戦いに備え戦略攻撃の研究開発に国防費の7割を使います。その結果開発されたのが戦略的爆撃機B-29です。B-29は日本国内にある兵器工場や食品工場を雲の上から集中爆撃しました。
こうして戦場への補給を根本から断たれた日本軍は各地で急速に戦力が低下してしましたのです。戦略の違いが大きく結果を左右しました。

会社の経営が成功するかどうかは社長さんが勉強しているか否かに大きくかかわってきます。 正しい地域戦略、顧客戦略、商品戦略などなどを成功事例などを交えながらわかり易くセミナーを行っていますので一緒に勉強しませんか。

柿迫講師のプロフィール
2005年税理士事務所開業とともに竹田陽一ランチェスター経営に入信。公認インストラクターとなる。
ランチェスター戦略との出会いから、中小企業の経営に圧倒的に足りないのは戦略と気付く。 優秀な将軍は戦う前から勝つ戦略を立て実行するので必ず勝つ。
しかし私たち経営者は「夢とロマン」で起業する。
だから起業後徹底的に戦略の勉強をしなくてはならない。
元百貨店マンという経歴から、営業やマーケティングも得意とする異色の税理士である。

受講者の声
「小さな会社が大企業と戦う方法」という言葉に惹かれ毎週受講しています。
セミナーというと難しい話し?と感じていましたが竹田陽一ランチェスターはとても分かり易く素直に耳に入るので毎週楽しく学んでいます。


カテゴリートップ
TOP
次
倶楽部ランチェスターのご案内


お問い合わせフォーム

初めて税理士をお探しの方へ
今の税理士に満足していない方へ
起業予定の方へ
会社設立
顧問契約
創業融資・助成金申請
クラウド会計
ランチェスター

出版のご案内

運営者
〒700-0927
岡山市西古松2丁目26-16
上杉第7ビル 102号
TEL:086-244-4402
FAX:086-244-4412


より大きな地図で 柿迫税理士事務所 を表示

ユーザー名:

パスワード: